筋トレ初心者が最初に理解するべき7つの名言


はじめに


今回は、目的がダイエットであれ、ムキムキになることであれ、締まったスリムな体であれ、筋トレを始めた初心者が理解しなくてはいけないポイントを、名言を引用して説明します。

筋トレの中級者以上であれば全員、最初から知っておけばよかったと思っている話です。

目的がダイエットかムキムキかは関係ありません。筋トレという手段を用いるのであれば必ず理解する必要があります。

7つの名言


1.ロニー・コールマン

“So many people go to the gym and toil for months, even years, wondering why they never see any appreciable gains. If this is you, you probably need look no further than your eating habits.”

(個人的訳)
大勢の人たちがジムに通い、何か月どころか何年も汗を流しながら、なぜ一向に目立った結果を得られないのかと不思議がっている。もし、あなたがその一人なら、おそらくあなたがしなければならいのは食事習慣を見直すことだけだ。

最初に私の大好きなロニー・コールマンの言葉を持ってきました。これは絶対に頭に入れておかなければならない言葉です。

ダイエットや肉体改造を思い立ちながらトレーニングを頑張らない人はいません。しかし、そこが盲点になり、トレーニングにばかりこだわって食事にそれほどの注意を払わない人が大勢います。

しかし、体が変わらない原因は食事のせいかもしれないのです。いやむしろその方が多いのです。

2.ジョー・ウィダー

“You are what you eat.”

(個人的訳)
あなたはあなたの食べたものでできている。

ダイエットのためにどんなトレーニングをしても、消費エネルギー以上のカロリーを摂取すれば必ず体重は増えます。その一方で、どれだけハードな筋トレをしようとも、必要な栄養(材料)がなければ筋肉が増えることはありません。

筋トレの効果というのは体重計に乗るまでもなく鏡を見れば分かります。もし、何で脂肪が減らないのかと不思議に思ったときに、トレーニングが脂肪を燃やしていないと思うのは多くの場合間違っています。トレーニングは脂肪を燃やしているのに、追加の脂肪を食べているから脂肪が減らないのです。

その逆に、一生懸命トレーニングをしているのに体が大きくならないと思っている人はトレーニングメニューを見直すのではなく、食事メニューを見直すのが第一です。体が必要としている栄養を取っていなければどんなトレーニングをしても体は変わりません。

3.リッチ・ギャスパリ

“Always remember that you stimulate growth in the gym, but you grow outside of it.”

(個人的訳)
ジムですることは成長を刺激することであって、成長するのはジムの外だということを常に覚えておかなければならない。

筋トレを成功させるためには、有酸素運動をはじめとする他の運動との違いをはっきりと認識しておく必要があります。

3日に1回ジムに行き、1時間トレーニングするとします。その場合、筋肉が成長し、脂肪が燃えるのは、ジムにいる1時間ではなくトレーニングが終わってから次にジムに行くまでの71時間です。

その71時間をどう過ごすかが重要です。しっかり休んで、しっかりと栄養を供給しなければ、トレーニングは筋肉を傷めつけただけです。

時々、「トレーニングしない日もプロテインを飲んだほうが良いのでしょうか」という質問をする人がいますが、ジムに行かない日こそプロテインを飲む必要があります(少し極端ですが)。

スポンサーリンク

4.マイケル・マシューズ

“The building blocks of a great body are more like pillars than puzzle pieces. Weaken one enough, and the whole structure collapses. (中略) That’s why I want you to have an “all or nothing” attitude about achieving your fitness goals.”

(個人的訳)
肉体改造の構成要素というのは、パズルのピースというより建物の柱に似ている。一つが弱いと全部が壊れることになる。だからこそ、肉体改造を目指すなら、オールオアナッシング(トレーニング、食事管理、休養の全部をしっかりやるか何もやらないか)の態度を取る必要がある。

トレーニング、食事、休養、すべて重要です。一つでも欠けると全部が崩れることになるので、やるのであればすべてに気を使う必要があります。

トレーニングは頑張るけど、食事管理は面倒だからやらないという場合、ついてくる結果は50%ではなくゼロになってしまいます。筋トレとはそういうものです。効果的なトレーニングももちろん大事ですが、筋肉が増え、脂肪が燃えるのは筋トレ後だからです。

5.リッチ・ギャスパリ

“Achieving the ultimate body is a journey based on setting a goal and then having the discipline to work toward it.”

(個人的訳)
肉体改造というのは、目的地を設定して、そこにいくためのルールを決めることから始まる旅である。

誰もが、目標とする体を設定してトレーニングメニューを熱心に考えます。しかしその一方で食事に関しては、炭水化物を減らすとか、トレーニング後にプロテインを飲むとか、アバウトなものしか考えないのが通常です。

1日何カロリーを目標とするのか、1日何グラムたんぱく質を取るのか、1日の脂肪を何グラム以下にするのか、チーティングは週何回までにするか等、トレーニングだけでなく食事に関するルールも最初にしっかり決めることが大事です。

ゴールに向かうためのステップを決めなければゴールにはたどり着きません。

6.リッチ・ギャスパリ

“Get a journal and start writing down everything you eat. The important thing is to hold yourself accountable.”

(個人的訳)
ノートを取って食べるものを全部記録しよう。大事なことは、あなたが説明責任を果たせるようにすることだ。

トレーニング記録を熱心に取っている人はたくさんいますが、食事記録を取る人は少ないです。しかし、それでは何が悪いのかわかりません。

鏡で自分の体を見れば、結果は一目瞭然です。結果を分析できるようにトレーニングだけでなく食事も記録を付けましょう。

7.名もなき人

“When you look good, you feel good. And when you feel good, the world’s a better place.”

(個人的訳)
体が変われば、気持ちも変わる。気持ちが変われば、世界は今よりも良い場所になる。

忙しい現代社会において、トレーニングして、食事も管理して、休養もしっかりとるのは非常に大変かもしれませんが、それに見合うだけの価値があるものです。

終わりに


最後の一つ以外すべて食事管理についてでした。それくらい、食事管理が重要だということです。

一生懸命トレーニングしているのに食事に気を使わないのは本当にもったいないです。

参考


1.Ronnie Coleman HARDCORE
2.Joe Weider ULTIMATE BODYBUILDING
3.5.6.Rich Gaspari 51DAYS NO EXCUSES
4.Michael Matthews THINNER LEANER STRONGER
7.Kris Gethin GUIDE TO YOUR BEST BODY

プライベート空間でダイエット&ボディメイク
image31

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOPへ